大阪・神戸 仮想通貨 FX投資スクール MMP 仮想通貨大阪セミナー

昨日は【大阪校】仮想通貨セミナーでした。
 
先日、仮想通貨取引所のコインチェックは26日ハッカーによるセキュリティ侵害を受け、当時のレートで約580億円分のネム(NEM)が流失した事件がありました。
     
仮想通貨の歴史の中で最大のハッキング被害ということで大きくニュースでも取り上げられました。
 
そして27日にコインチェックがハッキングによる不正送金された顧客資産のNEM(ネム)を全員分、日本円で全額保証すると発表しました。
 
今回の事件は仮想通貨に問題があるわけではなく、取引所のセキュリティー管理が甘かったことが原因で、コインチェックの補償発表を受けて価格は急落前の水準まで回復しました。
 
発表では自己資金で返金するとのことでしたが、
580億円もの資金を返金できるってすごいなと思いました。
それだけ仮想通貨の市場は拡大しているということですね。
 
コインチェックは国内出来高で第2位の取引所ですが、
昨年の9月から各取引所が金融庁の認可業者に登録されているのに対して、コインチェックはまだ認可されていませんでした。
 
ちなみにKrakenなど金融庁の認可がまだされていない取引所もあります。
 
日本での取引所はbitflyerが一番出来高が多く金融庁から認可されているので私も利用していますが、
今回の騒動を受けて資金を分散されている方も多いと思います。
 
取引所によって取り扱い通貨や手数料やセキュリティー面が異なるので、取引所選びは大切ですね。
 
あと、資金管理もハードウェアウォレットでオフライン環境でセキュリティーの強化や、最低でも2〜3の取引所に分散させておいた方がいいですね。